シンガポール航空の世界最長路線に乗りたいですか? ニューヨークまで18時間!

あなたは長距離のフライトに何時間まで耐えられますか?

そんな質問をしたくなってしまうような、超長距離フライトがあります。
シンガポール航空が2018年10月11日に運航を開始したシンガポール~ニューヨーク(ニューアーク)線です。

その距離、16,000キロ以上(ルートによって異なる)。
距離で聞いてもピンときませんね。

フライト時間は季節やルートにもよりますが、より時間の長いニューヨークからシンガポールへは18時間45分もかかるそうです。
聞いただけで腰が痛くなりそう。


これまでに乗ったフライトを思い出しても、往路・復路のどちらかで10時間を超えるものですら、そんなに多くはありません。
東京からニューヨーク、ロンドン、ミュンヘン(ドイツ)、フランクフルト(ドイツ)、オークランド(ニュージーランド)、アブダビ(UAE)くらいでしょうか。

それらのフライトと比べても、シンガポール航空の世界最長路線は1.5倍かそれ以上。
狭い所が苦手なので、エコノミークラスではとても耐えられそうにありません。



■ シンガポール航空の世界最長路線はビジネスとプレエコのみの設

シンガポール~ニューヨーク間の世界最長路線。
それを可能にしたのは、シンガポール航空がエアバスから導入したA350-900ULRです。

この機種は、シンガポール~北米間の直行便を実現するために、シンガポール航空からの要請を受けてエアバスが燃料を多く搭載できるようにして、航続距離・時間を延ばしたもの。
A350-900ULRの"ULR"は"Ultra Long Range"の頭文字を取っています。

ただ、商業路線として運航するためには、飛行機が飛べればいいというものでもなく、それに人間が耐えられるか、快適に過ごせるかという問題もあります。
個人差はあれ、狭い場所に長時間いれば、少なからず心身ともに疲労するでしょうから。

そのため、シンガポール航空のA350-900ULRではエコノミークラスを設けず、ビジネスクラスとプレミアムエコノミークラスの2クラス制となっています。


YouTubeでニューヨークからの初便の様子を見ましたが、初便ということもあって、皆さん楽しそうな表情をしているのが印象的でした。

それを見て、「プレエコならひょっとしたら耐えられるかも?」と感じています。




スポンサードリンク


■ シンガポール航空がウルトラボーナスキャンペーンを実施、H.I.S.からはツアーも!

世界最長なんて言われと、チャレンジ精神が沸いてくる方もいらっしゃることでしょう。
なんせ「世界一」は一つしかありませんから。

で、そんな人がいることを見越してか、日本発シンガポール経由ニューヨーク(ニューアーク)行き往復航空券を購入した人に対して、シンガポール航空がウルトラボーナスキャンペーンを始めました。


距離に超が付けばキャンペーン名にもウルトラが付きます。

内容は以下の通りです。

1.クリスフライヤー(シンガポール航空のマイレージプログラム)最大15,000マイル
2.機内WiFi無料券 最大600MB
3.シンガポールのホテル1泊無料(朝食付き)


これはなかなかすごいキャンペーンですね。

ボーナスマイルはクリスフライヤー限定なので、シンガポール航空のマイレージプログラムに入会する必要があります。
それでも、通常のマイルに加えてボーナスマイルが積算され、しかもプレエコかビジネスですから、日本からの往復でかなりのマイルがたまるはず。

また、疲れた帰路にシンガポールで無料で1泊できるので、少し疲れを癒してから帰国することもできます。



他方、H.I.S.からは、世界最長フライトを組み込んだツアーが販売されています。


プレミアムエコノミーを利用してニューヨーク6日間の旅。
関空発着で229,000円からですので、航空券代だけ考えてもリーズナブルなのではないでしょうか。
(ビジネスクラス利用のツアーもあり)

ただ、旅程を見るとほとんど飛んでるような感じ(笑)。

往路・復路ともシンガポールでのトランジット時に6時間以上の休憩はできますが、いずれも宿泊はありません。

これを見ると、体力的に自信のある方でないと苦しいかもしれませんね。




スポンサードリンク


■ まとめ 

シンガポール航空のA350-900ULRによるシンガポール~ニューヨーク(ニューアーク)までの世界最長路線は18時間!
距離も時間も超ロングです。

体力のあるうちに一度チャレンジしてみたいという気持ちはありますが、正直なところ往復はきついなと思います。

もしチャレンジするとしたら、日本~シンガポール~ニューヨーク~日本のトライアングルが現実的でしょう。


皆さんは、このシンガポール航空の世界最長路線に乗りたいですか?


それでは、楽しい旅を!


スポンサードリンク






この記事へのコメント

スポンサードリンク